食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは ホルモン

ホルモン

食べ過ぎとホルモンは深く関係しています。食べ過ぎに関係しているホルモンにはドーパミンとセロトニンがあります。

・ドーパミン
ホルモンの一種であり、見る、聞く、臭いを嗅ぐといった様々な感覚的刺激によって脳を興奮状態にして快楽を高めるホルモンで、別名を快楽ホルモンと呼ばれています。ドーパミンが分泌されることによっておなかがすいたと認識し、これが空腹感へとつながってしまいます。ドーパミンは様々なことが刺激となって分泌されるもので、写真を見たり、音楽を聴いたり、ストレスを感じることで分泌されてしまいます。ドーパミンの分泌が長く続いてしまうと空腹感も同様に続いてしまうため、ドーパミンの分泌が食べ過ぎと深く関係していることがわかります。

・セロトニン
ホルモンの一種であり、興奮した時に出るドーパミンや不快感を感じる時に出るノルアドレナリンを静める効果があります。食事をして胃の中が満たされていたり、脳内に十分な糖分がある状態だと脳内のセロトニンが分泌されて、この情報が満腹中枢まで伝えらます。そうすると脳からこれ以上食べる必要がないという情報が体に伝えられて満腹感を感じるようになります。セロトニンは気持ちを穏やかにしてくれる作用があり、分泌量が減ってしまうとストレスを感じやすくなり、食べ過ぎを引き起こす原因になってしまいます。

このようにドーパミンが過剰に分泌されることで食べ過ぎが起こるのに対し、セロトニンは分泌が減少してしまうことで食べ過ぎが起こってしまいます。

食べ過ぎとは



ティアモ カラコン
ティアモのカラコン通販サイト

静岡 解体
静岡で解体を依頼するならイーシーセンターで!