食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは 食べ過ぎとは

食べ過ぎとは

毎日普通の量の食事をして普通に活動しているにもかかわらず、なぜか体重が増えてしまったという方は知らず知らずのうちに食べすぎているのかもしれません。食べ過ぎは早食いの傾向がある方、デザートは別腹という方、朝食を食べない習慣がある方、食べることでストレスを解消している方などに多いようです。

人間の脳には「摂食中枢」と「満腹中枢」という食欲中枢があり、これらによって食欲がコントロールされています。そして私たちは脳の命令によって空腹感や満腹感を感じるようになっています。

食べることで血糖値が上昇することや、胃の中がいっぱいになって伸長することで満腹中枢は刺激されて満腹感を感じさせてこれ以上食べる必要がないと指令を出します。また、逆にエネルギーが使われて血糖値が下がることや、胃の中が空になってしまうことで摂食中枢は刺激されて空腹を感じさせて食べるように指令を出しているのです。

このように人間は摂食中枢が刺激されると空腹を感じて食べたくなり、ある程度の量を食べて満腹中枢が刺激されると満腹感を得て食べることをやめる仕組みがあり、この仕組みがうまく働いていると食べすぎるはずはないのです。

しかし食欲は食欲中枢だけにコントロールされているのではなく、おいしそうという視覚や嗅覚への刺激や、食べた経験がありおいしかったという記憶などが加わることで、もっと食べたいと最終的に判断されてしまいます。このように感覚や記憶で刺激された食欲が満腹中枢が出した指令を上回ることで食べ過ぎとなってしまうのです。

食べ過ぎとは



事務服 スカート
事務服のスカートなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

アピドラ注ソロスター
アピドラ注ソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!