食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは 弊害

弊害

食べすぎによって起こる弊害には様々なものがあります。食べ過ぎが高脂血症や高血糖を引き起こし、それによって脳血栓や脳梗塞などにつながっていく可能性が大きくなってしまいます。また食べ過ぎは糖尿病や肥満の原因にもなってしまい、ガンの原因になることさえ考えられます。

食べ過ぎの弊害として最も多いのは糖尿病ではないでしょうか。糖尿病は生活習慣病の一つで年々増加しています。現在は40歳以上人の10人に1人が糖尿病を患っているといわれ、将来は5人に1人に増えるとも言われています。

糖尿病は食べ過ぎてしまうことで過剰に分解される糖分が血液中に溶け込み、血糖値を増加させることが原因となります。食べ過ぎが続いて糖分が供給され続けると、膵臓からたくさんのインシュリンが分泌されるようになり、血糖値を正常に保とうと働きます。しかし、インスシュリンの分泌が追いつかなくなると高血糖になり、さらに肥満になるとインシュリンの働きが悪くなってしまいます。

また糖分は、中性脂肪にも変わってしまうため高脂血症を引き起こす原因となってしまいます。そして血液中に増えすぎてしまった糖や脂肪などによって血液が汚されてしまいます。これは食べ過ぎることで、体内で栄養物質を十分に燃焼出来なくなり、中間代謝物である乳酸や焦性ブドウ酸やビルビン酸などの種々の有害物が血中に多く残ってしまい、これらが血液を汚してしまうのです。

食べ過ぎに気をつけて糖尿病になる確率を減らしていくことが大切です。

食べ過ぎとは



金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style