食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは 心的影響

心的影響

食べるという行動は食環境の変化やストレスの影響に強く左右されるということが心理学的な研究から明らかにされています。事実として満腹中枢はストレスに弱く、ストレスを受けることで糖分の過剰摂取に至ってしまいます。現実で心が満たされない心理的状況を埋める手段として、食べ物を食べることでそれを満たそうとする傾向が多く見られます。

心が満たされないストレスを埋めるために食べるものは、身体に必要となる栄養素を含んだ食品ではなく、すぐに快楽を得られるような糖分を多く含む食べ物となってしまいます。そしてその糖分を多く含んだ食べ物を食べ過ぎることで気がついたら体重が増加していたなんてことになってしまいます。

食べ過ぎの心的影響は食べ過ぎることによる罪悪感がストレスとなって、更なる食べ過ぎを引き起こしてしまうことです。単なる食べすぎでなく心理的な要因によるストレスが原因となってストレス太りしてしまう可能性は大きいのです。特に女性では、心理的なストレスを食べることによって解消する傾向にあり、太ってしまうことでさらにストレスが溜まってしまうといった悪循環に陥ってしまうことが多いようです。

空腹を満たすことが目的で食べているのではなく、精神を安定させることや心地よさを求めていたり、何かから逃避するために食べているとしたら注意が必要です。ストレスを食べ物で満たそうとせず、癒されたいという気持ちを別のことで満たすようにして食べ過ぎを解消していきましょう。

食べ過ぎとは



白衣 ケーシー
白衣のケーシーなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

リキスミア 副作用
リキスミアの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://noj-kawanishi.com/

金持ち父さんや貧乏父さんの秘訣http://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム