食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは 物理的影響

物理的影響

ストレスを感じると、体は他の栄養素よりすぐに快楽を得られる糖分を求めます。糖分の過剰摂取が更なる食べ過ぎを引き起こしてしまいます。

食べ過ぎを引き起こしてしまう心的要因と物質的要因は深く関係しています。ストレスを感じると人は食べることでそのストレスを解消して心を満たそうとします。ストレスを埋めるために食べるものは、身体に必要となる栄養素を含んだ食品ではなく、すぐに快楽を得られるような糖分を多く含む食べ物となってしまいます。

ストレスをためて、気がついてみると体重が増えていたなんて経験はありませんか。食べ過ぎの物理的影響はこの糖分を多く含んだ食べ物を食べ過ぎることによるものです。砂糖などの糖分には、ストレスを鎮める作用があることも解明されています。人間の脳内にはストレスを感じることでストレスタンパクと呼ばれる遺伝子が発生してしまいます。そしてこのストレスタンパクは糖分の高い食べ物を摂取することで和らげられるといわれています。

また人はストレスを感じると、糖分だけでなく焼肉やケーキといった脂肪の高い物を好んで食べる傾向にあります。焼肉やケーキはオレイン酸やリノレン酸を多く含んでいて、これらによって舌が刺激されると、人は脳内麻薬ともいわれるエンドルフィンを分泌するようになります。そしてこのエンドルフィンによって感じた満足感を脳が記憶してしまうため、その結果ストレスを感じた時に脂肪や糖分を多く含む物を食べて満たそうとしてしまうのです。

食べ過ぎとは



品川 透析
品川で透析なら五反田ガーデンクリニック!

アレルギー性鼻炎 治療
アレルギー性鼻炎の治療なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レンタカー鹿児島空港
http://www.dgachn.org/

犬のしつけ教室 ペットホテル東京(羽田空港送迎可)
http://pethoteltokyo.com/