食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは 胃もたれ

胃もたれ

胃もたれとは、何らかの原因で胃の運動機能が低下すると、胃液の分泌量が減少したり、蠕動運動が低下することで食物の消化と運搬を正常に行えなくなり、その結果として食べ物がいつまでたっても胃の中に残っていると感じる状態のことです。

胃は蠕動運動を行って食べ物と胃酸を混ぜ合わせて消化して、十二指腸まで送り込む働きをしています。しかし、不規則な生活や食べ過ぎ、喫煙、ストレスによって胃に過度に負担がかかってしまうと胃の運動機能が低下してしまいます。そして消化が正常に行われなくなると胃もたれを引き起こし、ひどいと消化不良から発生するガスによって口臭が起こることもあります。

胃の働きが正常に行われていても、食べ過ぎやよく噛まずに食べることによって胃がもたれやすくなってしまいます。食べ過ぎによって胃もたれが起こる原因は、多くの食べ物を消化しようと胃酸が過剰に出ることやそれによって胃壁が炎症を起こしてしまうことが考えられます。特に脂分の多い物や消化されにくい繊維質の物は、消化に時間がかかり胃に留まる時間が長くなるため、胃に負担がかかって胃もたれを引き起こしやすくなります。

胃もたれ解消のためには、規則正しい食生活を心掛けることと、時間を掛けて良く噛んで食べることが大切です。また消化に時間がかかる繊維質のものや脂分を多く含むものは胃に負担がかかってしまいます。胃が弱っているときは消化の良いおかゆや白身魚などがおすすめです。運動や入浴、就寝時は胃液の分泌が減ってしまいますので、これらの前にはできるだけ食事をしないように気をつけましょう。

食べ過ぎとは



マイスリー 効果
マイスリーの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

孤独死清掃 千葉 特殊清掃 茨城 ゴミ屋敷片付け
http://www.eco-harmony.co.jp/service.html