食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは 胸やけ

胸やけ

胸やけとは胸の奥の方が焼けるような不快感のことで、胃の中の胃酸が食道へ逆流したときの症状です。胃や食道の働きが弱くなってしまうと胃酸の逆流が起こりやすく、胸やけも感じやすくなります。

胃とは異なり食道は強い胃酸に耐えられるような構造にはなっていません。そのため、胃酸が逆流することが何度も起こると徐々に食道が荒れてしまいます。食堂が荒れた状態のことを「逆流性食道炎」といって、胸やけのほかにせきやのどの痛み、異物感、また耳鳴や難聴などの症状を引き起こす場合もあります。

胸やけを起こしている原因の大部分は食べ過ぎにあります。食べ過ぎてしまうと、胃の内部の圧が上がってしまい、胃酸が食道へと逆流してしまいます。食べ過ぎのほかに肥満や妊娠後期に腹圧が上昇してしまうことや、精神的な疲労、お酒の飲みすぎ、たばこの吸いすぎなどによっても胃酸が出すぎて胸やけを引き起こしてしまいます。また、揚げ物など脂肪を多く含む食べ物やいも類など繊維質のものが胃に長時間とどまってしまうことでも引き起こされてしまいます。

胸やけの応急処置では牛乳を一杯飲む方法があります。これは食道に逆流してしまった物を洗い流してきれいにすることを目的としています。牛乳は食道の内面に膜を張ってくれるので胃酸から食道を守る効果があり、胸やけにも効果的です。その後は、胸やけが完全に落ち着くまで消化の悪いものや刺激の強いものを控えるようにしてください。

食べ過ぎとは



観葉植物のレンタルを東京で
http://www.rental39.com/