食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎとは 過食症

過食症

過食症は接触障害のひとつで、必要以上に食べてしまう症状のことです。過剰に食べた後にそれらを嘔吐してしまう過食嘔吐が有名で、精神的ストレスや過剰なダイエットが原因と考えられており、若い女性に多くみられます。

過食症のタイプには様々なものがあり、単にむちゃ食いをするタイプや、嘔吐を伴ったり下剤を乱用する排出型のタイプや、食べ物を口の中で噛んで吐き出してしまうチューイングを伴うタイプなど様々です。過食症を引き起こす原因も様々で、現在は症状も細分化されています。

過食症は拒食症と同じで、精神的なことが原因となって起こるもので、過食嘔吐をすることによって身体を張って自己表現をしているのであり、あくまでも心の問題であるということを忘れてはいけません。中には過食症と拒食症を繰り返すこともあります。

過食症はストレスやダイエットなど心理的なものが引き金となって起こります。過食症を単なる食べすぎと軽視してはいけません。特に、過食嘔吐や下剤の乱用を伴っている場合は心だけでなく体にも何らかの異常をきたしている場合があります。過食症の疑いがあれば、早急に精神科や心療内科、婦人科、胃腸科等を受診するようにしましょう。過食症の治療法にはカウンセリングや薬物療法、精神分析的治療、認知行動療法、家族療法などがあり、治療には治療者と患者との信頼関係が重要になります。

過食症を無理に我慢して止めようとすると、逆にストレスとなり心に負担がかかってリバウンドしてしまうこともあります。焦らずにゆっくりと少しづつ食べ物を減らしていくことかたはじめてみましょう。

食べ過ぎとは



ポスター印刷
ポスター印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

ティアモ
ティアモのカラコンが、セールでビックリ490円でカラコンが買える!