食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎの影響 肌トラブル

肌トラブル

食べ過ぎによって、皮脂の分泌が促進されてニキビ(吹出物)ができやすくなってしまいます。食べ過ぎを予防して栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

・炭水化物の摂り過ぎ
炭水化物は私たちが生きていくうえで必要なエネルギー源であり、最も多く食べているものです。炭水化物は、体内に取り込まれるとブドウ糖に分解されてエネルギーとなりますが、消費されない分は中性脂肪に変わり皮脂のもとになります。こうして皮脂が増えることによって、肌荒れや毛穴が詰まってニキビとなってしまいます。

・脂肪分の摂り過ぎ
脂肪分を摂り過ぎてしまうと日常生活でエネルギーとして消費しきれなくなってしまい、利用されずに余ってしまった分は中性脂肪として体に貯蓄されます。そして中性脂肪が血液とともに体内を巡るようになると、皮膚付近で皮脂の分泌を増やすようになり、皮脂が空気で酸化したり毛穴を塞いでしまうとニキビができてしまいます。

・糖分の摂り過ぎ
どうしても食べたくなってしまうスイーツには糖分がたくさん含まれています。甘い物を食べ過ぎてしまうと糖分を代謝させるのにビタミンB1やB2が使われてしまい、体内がビタミン不足になってしまいます。そして糖分が不完全燃焼になると皮脂が大量に分泌されるようになり、皮脂が毛穴を塞いでしまうと細菌が繁殖してニキビができてしまいます。

・お酒の飲み過ぎ
肝機能が低下してしまうとニキビの原因となってしまいます。肝臓は体内の毒素を減らす働きをしている臓器で、お酒を飲み過ぎてしまうと肝臓の働きが弱くなって肌あれやニキビへとつながってしまいます。

食べ過ぎの影響



ディレグラ 効果
ディレグラの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

横浜や川崎のリノベーション
http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/