食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎの影響 消化器系への影響

消化器系への影響

食べ過ぎは胸やけや胃の不調などの消化器官に悪影響を及ぼしてしまいます。食べ過ぎや飲み過ぎを抑えるためになるべく腹八分目までにおさえるように食生活を改善していくことが大切です。

食べ過ぎは胃の粘膜を炎症させてしまい、このように胃が炎症をおこした状態のことを胃炎といいます。胃炎は食べすぎのほかに飲みすぎやタバコの吸いすぎ、ストレスが原因となって起こります。胃炎には食べ過ぎなどの生活習慣やウイルスなどが関与して起こる急性胃炎と、薬の副作用やピロリ菌が原因となる慢性胃炎があります。

胃炎は大人の半数以上が胃炎であるといわれているほどよく起こる病気です。食べ過ぎなどで急性胃炎を起こしてしまうと胃痛や胸やけなどの激しい症状がでますが、慢性胃炎では無症状の場合が多く、自分が慢性胃炎であることに気がつかない人も多いようです。

胃炎の症状は、胃の痛み、空腹時の胃痛、夜間の胃痛、胃もたれ、食欲不振、吐き気、嘔吐、胸やけなどの様々なものがあります。胃炎の原因の一つである食べ過ぎや飲み過ぎ、また香辛料の摂り過ぎといった胃に負担を与えるような食事は胃の粘膜を傷つけて炎症を起こしてしまいます。また、脂肪分の多いものや糖分の摂り過ぎは胃の排出力を鈍らせてしまうので食べすぎに注意しましょう。

胃の不快な症状が続くようであれば、食生活や生活習慣について見直してみる必要があります。自分が気が付かないうちに胃炎を患っている可能性もありますので気をつけましょう。

食べ過ぎの影響



ワンタキソテール 副作用
ワンタキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!