食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎの影響 睡眠

睡眠

1日の始まりである朝にしっかりと朝食を食べることは、脳のエネルギー補給や体温の上昇、また活動レベルを高めるためにも必要なものです。規則正しく朝食を摂ることによって消火器系の活動も活発化して体が目覚めます。しかし、その反対に夜に食べ過ぎてしまうとなかなか寝つけなかったり、夜中に目が覚めてしまって睡眠の質を悪化させてしまいます。

寝る前に食べ過ぎてしまうと、食物の消化が終わらず眠っている時間帯にも消化器系が活発に働かざるをえなくなり、睡眠が妨げられてしまいます。こうなると眠っていても目覚めやすかったり、眠りが浅くなって全体的に睡眠の質が悪化してしまいます。

眠っている間は心身ともに休息するべき時なのです。日中に休みなく働いていた胃腸などの消化器官を休ませてあげる必要があります。食事は眠る前の3時間前までに極力すませるようにして、重い食事は避けるようにしましょう。

しかし、空腹なために寝付けない場合があります。そのような時には消化の良い物を少しだけとるとよいでしょう。おすすめなのは、ホットミルクやカフェインを含んでいないハーブティー、軽めのスナックなどです。

睡眠中は胃の消化活動があまり行われないので、食べ過ぎで胃の中に食べ物が残った状態だと胃が炎症を起こしてしまうこともあります。胃が炎症を起こしてしまうと眠りが浅くなり、胃がムカムカして胸やけを感じた状態で目覚めてしまうことになります。気持ち良く目覚めるためにも食べ過ぎや夜遅くの食事を避けるようにしましょう。残業などで遅くに食事をとるときはうどんや蕎麦などの消化が良く脂質が少ないものがおすすめです。

食べ過ぎの影響



ホイールアライメントが調整
について

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

不活化ポリオ 副反応
不活化ポリオの副反応なら医療関係者向けの製品情報サイトで!