食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎと食事 食事療法(朝)

食事療法(朝)

朝食は朝のエネルギー源となります。朝食をしっかり食べて、梅醤番茶を飲んで消化を助けてあげましょう。梅醤番茶は練った梅干と少々の醤油を番茶で溶いたもので、胃腸の消化や疲労を助ける作用があります。また水分を摂取することで消化を助けることができます。梅醤番茶に生姜をすりおろしたものを入れると冷え性対策にもなります。

梅醤番茶は風邪の予防や夏バテ、二日酔いなどに効果があり、昔から薬膳として使われていたお茶です。体が弱い方が体質改善のために飲むことでも人気のあるお茶で、最近では花粉症や鼻炎の対策として飲んでいる方も多いようです。

梅醤番茶は空腹時や食事をする前に飲むと効果的です。子供に飲ませる場合には4〜5倍に薄めて甘味を加えると飲みやすくなります。味は薄くしたり濃くしたり自分の好みで調整することができます。

梅醤番茶の効果が効いているときは、体が温かくなり味がおいしく感じられるようです。体に塩分が多く満たされると飲みにくくなってきますのでその時点で中止するようにしましょう。梅醤番茶をのむ際には塩分をとりすぎないように自分の体調や体質にあわせて濃さを調整するように注意してください。

梅干しのクエン酸やしょうが、醤油、番茶によって体が温められます。クエン酸は疲労の元になる乳酸や糖質、脂肪酸などを効率よく燃焼してエネルギーに変換する働きがあるため疲労回復や食べ過ぎの消化促進につながります。毎日の食卓に梅醤番茶をとりいれて、胃の消化を助けて、食べ過ぎや胃のもたれによる不快感を解消していきましょう。

食べ過ぎと食事



ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム