食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎと食事 食事療法(昼)

食事療法(昼)

食べて胃を整えるためには、胃酸の分泌量を適度な量に調整してくれるものや胃や腸での消化吸収を助けてくれるものを食べるのが一番よい方法です。大根にはでんぷんを分解して胃もたれを解消するジアスターゼという消化酵素が豊富に含まれています。お酒を飲む前や食べ過ぎによって胃がもたれている時には大根粥や大根雑炊などの胃にやさしい食事をとるとよいでしょう。

大根粥はすりおろした大根を、お粥に乗せるだけで簡単に作ることができます。主食である米をお粥にすると量を抑えることができて食べ過ぎ対策にもよいし、カロリーも低くなるのでダイエットにも効果的です。大根には消化を助けるジアスターゼが豊富に含まれているので普段から大根粥を昼食などに取り入れることをおすすめします。

大根は消化作用に大変優れた野菜で、消化酵素のジアスターゼだけでなくジアスターゼと同じ効果をもるオキシダーゼも豊富に含まれていて、胃粘膜を保護したり潰瘍を修復してくれる効果があります。これらの酵素は大根おろしにすることで働きがさらに活発になって即効性があるので天然の胃腸薬といってもいいほど効果に優れています。

ジアスターゼやオキシダーゼには、魚のこげなどの発ガン物質を解毒する働きもあります。また、大根はビタミンCも豊富で、根の上から3分の1は甘いので生で食べるのに適していて大根おろしやサラダ、酢の物などに使われます。しかし大根おろしにする場合はおろした後は、時間が経過していくごとビタミンCやジアスターゼが失われていってしまうため、食べる直前におろすようにしてください。

食べ過ぎと食事



アレグラ 効能
アレグラの効能なら医療関係者向けの製品情報サイトで!