食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎと食事 食事療法(夜)

食事療法(夜)

夜はどうしても残業やつきあいなどで帰りが遅くなりがちな方が多いのではないでしょうか。夜遅くなってからの食事は胃腸の不快感を引き起こしたり、睡眠を妨げてしまったり、さらには次の日の食欲にまで影響を及ぼしてしまうことがあります。夜遅くなってから食事をとる場合はなるべく胃に負担をかけず胃にやさしい野菜のスープがおすすめです。

野菜のスープで有名なポトフはフランスの代表的な家庭料理です。ポ(Pot)はフランス語で鍋を意味し、フ(feu)は火を意味しています。そのためポトフは「火にかけた鍋」という調理時の状態が料理名になったもので、大きく荒く切った野菜を鍋でじっくりコトコトと煮込む野菜スープです。

ポトフを作る時は大きな鍋にたくさんの野菜をじっくり煮込みましょう。野菜はビタミンやミネラルが豊富に含まれているので代謝のアップにつながり胃腸の働きを助ける効果があります。胃腸薬の成分にもなっているキャベツは特におすすめです。じっくり煮込むことでお肉がやわらかくなり、スープに野菜のうまみが溶け込んでさらにおいしくなります。

ポトフは野菜をやわらかく煮込んで作るので消化にも良く胃にやさしいためぜひ取り入れていただきたいメニューです。夕食は油の多い料理や動物性脂肪などをなるべく避けて、たっぷりの野菜をとることが理想的です。寝る前に多くカロリーを摂ってしまうと、エネルギーとして使われないまま睡眠することになり体に大きな負担がかかってしまうだけでなく太りやすくなってしまいます。

食べ過ぎと食事



アンカロン注
アンカロン注なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

富士宮市の解体工事
http://www.ec-center.co.jp/

代筆
代筆なら書道サービスで!