食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎと食事 一口30回

一口30回

昔の人々の食事は玄米や干物など、硬くて噛み応えのある食材ばかりでした。それに比べて、現代人が好んで食べるハンバーグやスパゲッティなどはあまり噛む必要がないものばかりです。現代人の咀嚼回数は昔の約6分の1に減ってしまっているそうです。

食品の加工技術の進歩や食の欧米化に伴って咀嚼回数がだんだん減ってきました。その結果、噛まないことによって起こるあごの骨の形成不全や虫歯、肥満といった弊害が問題視されています。

また食べ物を噛む回数が少ないと食べ過ぎを助長してしまいます。食事を始めてから満腹中枢が刺激されるまでにはある程度の時間が掛かるため、食べ物をあまり噛まないで飲み込んでしまうと食べ過ぎの原因になってしまいます。現代では、一口につき30回を目安に噛むことが理想とされています。

一口30回噛むことを習慣にすることで肥満を予防する効果と食べすぎを防ぐ効果が期待できるため、コレステロールや中性脂肪を気にしている方におすすめです。満腹中枢は食べ始めてから15分〜20分しないと食事中止の指令を出しません。そのため時間をかけてかめばかむほど食べすぎを予防することができ肥満防止につながります。

また、噛めば噛むほどインシュリンが分泌されるようになるので、高血糖や糖尿病の予防にも効果的です。唾液もたくさん分泌されるようになるので、唾液の殺菌作用によって虫歯や口臭を防ぐことができます。唾液の分泌量が増えると胃液も多く分泌されるようになり消化機能が高まります。

食べ過ぎと食事



ランタス インスリン
ランタスのインスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

抱っこ紐
おんぶ紐・抱っこ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!