食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎと食事 十分な水分

十分な水分

水は健康的な体作りのためには欠かせません。体に重要である水を十分に補給してあげることはとても大切なことです。一日に私達の体内から出ていく水は約2リットルといわれています。そのため毎日最低でも2リットルの水を補給する必要があります。

特に太っている人は体の水分量が少ないことが多いため、水分を補給する必要があります。食事の前にコップ1杯の水を飲むことで胃液の濃度を下げる事ができ、胃がふくれることで食欲を抑制することができます。また水を飲むと新陳代謝が活発になって、エネルギーが燃焼されるようになるのでダイエットにも効果的です。

体の水分が足りなくなると食べ過ぎを引き起こしてしまう可能性があります。体内の水分量が減ることを人間は誤って空腹と感じてしまいます。そのため、十分な水分を取ることを心がけましょう。食事前に水分を摂取することで早食いや食べ過ぎを抑える効果が得られます。

水分を十分に摂取すると便秘の予防にもなります。水分をたくさん飲むことで便のカサが増えて適度にやわらかくなり便通が良くなります。特にミネラル成分が多く含まれているミネラルウォーターを飲むと腸が刺激されて腸内の運動が活発になります。

体が水分不足になると細胞が徐々に衰えていってしまいます。そして血液がドロドロの状態になり、脳梗塞や脳血栓といった血管障害が起こってしまいます。血液が汚れてしまうと栄養が体の隅々まで行き渡らなくなり栄養障害となり免疫力が落ちて病気がちになってしまいます。

水をたくさん飲んで食べ過ぎを予防するとともに血液をサラサラにして健康を維持していきましょう。

食べ過ぎと食事



ブンデスリーガ 動画
ブンデスリーガの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン