食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎと食事 塩分摂取

塩分摂取

塩分は、人間が生きていくためには必要不可欠なもので、食材のおいしさを引き出すためにも必要なものです。食事を食べ過ぎてしまうことは塩分の過剰摂取につながってしまいます。塩分を過剰に摂取することで腎臓の機能を低下させてしまう恐れがあります。

塩分のナトリウムはカリウムと同じく細胞の水分調節や物質交換、神経の伝達、筋肉や心筋を弛緩させる働きをしています。ナトリウムが不足してしまうと倦怠感や脱水症状、筋肉痛などを引き起こしてしまいます。

このように塩分は健康上欠かすことができないものですが、私たち日本人の食生活では、味噌や醤油、漬け物といった塩分を活用するものが多く、加工品の技術の進歩によって塩分が不足してしまうことはあまりないようです。そのため現在では塩分をとり過ぎることによる弊害の方が問題となっています。

塩分の取り過ぎの弊害として最もよく知られているのは血圧が高くなってしまうことです。塩分は体の中で腎臓が尿として排出することによって中和されていますが、塩分の過剰摂取によって腎臓の働きが低下してしまうと、体が塩分を中和するために水分を溜め込むようになり、その結果血液の量が増えて高血圧などを引き起こすようになってしまいます。

塩分が多い食事が習慣化していると、よく噛まずに食べることにつながり、肥満や口腔内疾患を引き起こし健康面に支障をきたしてしまいます。さらに薄味では満足できなくなってしまい、その結果高血圧につながってしまいます。薄味を心がけて塩分を減らしていきましょう。

食べ過ぎと食事



グリメピリド 添付文書
グリメピリドの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!