食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎと食事 食事内容

食事内容

食事を減らして食欲を抑えてしまうと精神的につらくなってきます。食べたいという気持ちを抑え続けることで逆に過食に走ってしまう場合もあります。また、食欲を無理に押さえつけて感じるストレスが代謝の低下や脂肪の蓄積を招くといわれています。無理に我慢せず食事内容を工夫することで食欲を抑えることも大切です。

お腹が空いてどうしようもない時には野菜スープなど、カロリーが低い割に腹もちのよいものを食べることをおすすめします。出かける前に腹持ちのいいものを食べていくと外食での食べ過ぎを防ぐことができ、また無駄に食べ物を買いすぎてしまうのを防ぐことができます。

カロリーの割にお腹に溜まる食材を用いることで、食欲を抑えることができます。キャベツの千切り、こんにゃく製品、トコロテン、寒天製品などを食べることでカロリーの過剰摂取を避けることができます。これらはカロリーを気にせず食べる事がきるものなので、食事の前に食べると暴飲暴食を防ぐことができます。また食前に水分を摂取すると胃がふくらむので少ない食事で満足できるため食べ過ぎの予防になります。

食事をする時はよく噛んで食べるようにしましょう。良く噛んで唾液をたくさん分泌させると、唾液の働きによって食欲が抑えられます。また、唾液には消化促進作用や口内の殺菌作用があり虫歯や口臭予防にも効果的です。

グレープフルーツの香りは食欲を抑える作用があります。食事前にグレープフルーツを食べることやアロマオイルでグレープフルーツの香りをかぐことによっても食欲を抑制することができます。

食べ過ぎと食事



プレミアリーグ 動画
プレミアリーグの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン

エアコンクリーニング 岐阜
エアコンクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!