食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎの予防 消化時間

消化時間

食べ過ぎを予防するには、食べ物をよく噛んで時間をかけながら食べることが大切です。人間が食べ物を食べ始めてから、満腹中枢が刺激されて満腹感を感じるまでには約20分程度の時間がかかります。

食欲のコントロールをしているのは満腹中枢と摂食中枢ですが、これらは大脳の視床下部にある器官で、食事を始めてから約20分後に満腹中枢が「おなかがいっぱい」という信号を出すと、その信号を受けとった摂食中枢が食欲を抑制するようになります。

早食いで食事を5〜10分程度で終わらせてしまうと、「おなかがいっぱい」という信号が出される前に食事を終えてしまうことになるため、食欲が満たされず物足りなさを感じてしまうことになり、その結果食べすぎてしまいます。

食べ過ぎを予防するために、食べ物をよく噛んで時間をかけてゆっくり食べるためには、たとえば、一気に食べるのではなく、一度口に食べ物を入れたらなるべく飲み込むまでは箸を置いてゆっくり食べることをおすすめします。

ゆっくり食事を楽しむためには、誰かと会話を楽しみつつ食事をするとよいでしょう。食べることに重点をおかず、会話を楽しみながらよく噛んでゆっくり食べることによって、今までの食事量の8割でも満腹感と満足感を感じることができるはずです。

また、低カロリーである野菜の煮物や汁物、サラダなどを先に食べることによって、おなかをある程度満たしてみる方法も良いでしょう。ゆっくりと味わいながら食事することで、食事の楽しみや食べ物のおいしさについて再発見でき、消化吸収もよくなるため体にも良い影響をもたらしてくれるでしょう。

食べ過ぎの予防



事務服 カーディガン
事務服のカーディガンなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

プロアクティブ お試し
プロアクティブのお試し。使い切っても60日間返金保証。初回特別3,900円(税抜)。

鳩よけ駆除撃退・カラス対策|総合鳥害対策の【害鳥・害獣110番】
http://mabu-den.com/