食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎの予防 テレビを見ながら

テレビを見ながら

テレビを見たり、雑誌を読んだり、音楽を聴いたりといったように、何かをしながら食事をすることをながら食いといいます。テレビや雑誌を見ながらの食事は、食べているという意識が薄くなりがちで満腹感が得られにくく、食べ過ぎの原因となってしまいます。

間食についても同じことが言えます。テレビを見ながらぱくぱくとスナック菓子を食べてしまうことはありませんか。良くない、やめられないとわかっていても、ついついやってしまう食べ方なのかもしれません。しかし、食べ過ぎを予防したいのであれば、このような悪習慣は絶対によくないことです。

間食や食事のながら食いをすることで食べ過ぎてしまいます。食べ過ぎはカロリーのとりすぎを招くことになり、体脂肪の増加につながってしまいます。ながら食いによって食べ過ぎが起こってしまうのは、他のことをしながら食べることによって、満腹中枢に「もうおなかがいっぱい」というの信号が出ても、それに気が付かないことが多いからです。そして無意識のうちにどんどん食べすぎていってしまうのです。

一度に大量の物を食べてしまうことを過食と呼びますが、食欲と無関係にだらだらと食べ続けてしまうながら食いも過食と同じです。特にスナック菓子は一度封を切ってしまうと空になるまで食べてしまうものです。ながら食い対策のためにはスナック菓子を買い置きしないことや、食べる時はテレビを消すなど工夫をするようにしましょう。

物を食べる時は食べる事だけに集中するようにして、食べ物や食べる時間についてしっかりと意識して、ゆっくり楽しみながら食べるとよいでしょう。

食べ過ぎの予防



抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!