食べ過ぎガイド TOP → 食べ過ぎの予防 アメやチョコ

アメやチョコ

食事をとる前の空腹時に、一杯の水や1粒のアメやチョコを摂取すると、満腹感を得られやすくなり食べ過ぎを防止することができます。

空腹を我慢するために様々な工夫をされている方も多いでしょう。水分を多く飲んでごまかしたり、お菓子を食べたり、やり方は人それぞれだと思いますが、我慢することは食べ過ぎの予防としてはおすすめできません。食事の時間まで空腹を我慢してしまうと、食事の時に一気に食べ物をかきこんでしまい、食べ過ぎを助長してしまうことになるのです。

胃の中が空になって血糖値が下がってしまうと脳の接触中枢が刺激されて空腹になってしまいます。そのため、食事の前に血糖値を上げる糖分などを食べておくと、食べ過ぎを予防することができます。

血糖値を上げるためにはグルコースを含む糖質がよいといわれています。アメやチョコレートは、少しの量で短時間に血糖値を上げることができるのでおすすめです。血糖値が上がることで、脳は空腹であるというサインを送らなくなります。その状態で食事をすると通常より早く満腹感を得ることができるため食べ過ぎの予防につながります。

ここで注意してもらいたいのはアメやチョコの食べる量についてです。空腹を満たすのではなく、脳の接触中枢を刺激することが目的なため、食べ過ぎてはいけません。アメ玉ひとつやチョコレート1かけか2かけ程度を目安にしてください。ダイエット中などは甘い物をとってはいけないと思われがちですが、我慢によるストレスをため込むよりは、食べ方と量を上手にコントロールすることで良い結果が生まれることがあることを覚えておきましょう。

食べ過ぎの予防



抗血小板薬 ガイドライン
抗血小板薬のガイドラインなら医療関係者向けの製品情報サイトで!